ミーティング

営業全般

言うことを聞かない部下の指導!営業マンの育成で最も効果的な方法!

更新日:

役職ある立場について、部下の指導を任せられた時の悩みの一つに、「部下が言うことを聞かない」というものがあります。

特に、営業の世界だと、これは顕著に現れます。

 

プレイングマネージャーとして、自分の営業もやりながら部下の管理も行う。

にも関わらず、言うことを聞かない部下がいる。

イライラしてしまったり、「あいつは、全然言うことを聞かない」と思ってしまう気持ちもわかります。

 

ただ、あなたの言うことを営業マンがきかないのは、理由があります。

営業の場合はものすごく簡単な理由ですので、それさえ出来れば、明日から部下はあなたの言うことを必ず聞くようになりますよ。

言うことを聞かない部下の指導方法

部下を指導して育成しようと頑張っているのに、なかなか思うようにいかないこともありますよね。

私も、プレイングマネージャーの時代がありましたので、苦労はわかります。

「前も言うたのに、何でおんなじことすんの!」とか、「はい、って返事したのに全然わかってへんやん」などと、よく思ったものです。

上司としては、頭が痛い悩みだと思います。

 

でも、解決方法はすごく簡単なことなんです。

 

言うことを聞かない部下の指導方法は、”営業マンとしての圧倒的な力の差を見せつける”ことです。

 

これは、営業マンに対して、私がずっと昔から行っている方法です。

どうやって、営業の力の差を見せつけるのかについてお話しします。

営業の部下への育成で最も効果的な方法

あなたが、部下の指導だけでなく、営業マンとしても現役でやっているなら、すぐに効果がでますよ。

 

まず、言うことを聞かない部下と一緒に営業に行くようにしてください。

飛込み営業でも、商談でもなんでもいいです。
簡単な案件でなく、部下の手に負えないような難しいものが良いです

客先に行ったら、あなたは営業せずに、まず部下に全てやらせてみてください。

そうすると、ほぼ100%部下は断わられます。

それでも、まだ手は貸さないようにしてください。

 

部下がお客さんに断られて、どうしようもなくなって助けを求めてきた時にはじめて、あなたが営業をするようにしましょう。

ここからが力の見せどころで、その案件は必ず形にしてください。

部下が手も足も出なかった案件を契約に持っていくことで、あなたとの圧倒的な力の差を思い知ることになります。

 

私は、今まで色々なタイプの営業マンを見てきましたが、営業の世界でやっていこうと思っている人ほど、営業力のない上司の言うことは聞きません。

「営業力もないくせに」と、馬鹿にされることが多いです。

まぁ、当然だとは思いますが。

例えば、野球少年が、野球の下手な大人に憧れることはないですし、指導されても言うことは聞かないですよね。

 

ですので、同じ土俵で戦っている以上、こういうタイプの営業マンには、一度力の差を見せつけることが必要です。

力の差がハッキリすると、今までが嘘だったかのように、言うことを聞くようになりますよ。

スポンサーリンク

言うことを聞かない営業マンへの間違った接し方

先程とは反対に、やってはいけないことをお話しします。

俺の時代はこうだった」とか「俺は、昔はめっちゃ売ってた」などと、部下に自慢話はしないほうがいいです。

昔の自慢話をされた側の反応は、「で?」となります。

私も若い頃は、同じように「で?」と思っていたタイプですし。

 

自慢話をする人の心理は、今の自分に劣等感を抱いていることが多いです。

「自分を大きく見せたい」、「凄く思われたい」という証拠なんです。

ですので、いくら昔の自慢話をしていても机上の空論なので、それよりも、まず一緒に現場に行って力の差を見せつけた方が早いですよ。

 

よくわからない部分も多々ありますが、意外と面白い本ですよ。
⇒【書籍】説得の心理技術

言うことを聞かない部下の指導方法 まとめ

営業で、部下が言うことを聞かないのは、あなたの営業力を知らないからです。

言うことを聞くようになる最も効果的な方法は、部下の手に負えない案件を、部下の目の前で契約に持っていくことです。

これができれば、その瞬間から、部下から憧れの対象として慕われ続けることになりますよ。

私の長い営業の経験上、最も簡単で、最も効果のある方法です。

>>>売れる営業マンの育成方法

>>>営業のサボりを管理する仕組みの作り方!サボる理由とサボり癖の治し方

スポンサーリンク

-営業全般

Copyright© 仕事のツボ , 2018 All Rights Reserved.