簡単な飛込み営業

飛び込み営業

楽な飛込み営業は誰でも結果が出る!売れやすい商品を見つける為の方法!

投稿日:

こんにちは、岡田です。

 

飛び込み営業をしていて、毎日断られてばかりで結果が出ないと、「本当にこの商品は売れるのだろうか?」と悩んでしまうと思います。

 

今回は、「楽な飛込み営業」はあるのか?についてのお話です。

実際、世の中には楽な飛込み営業も存在します。

 

簡単に契約が取れる飛込み営業はどんなものなのか?を紹介します。

 楽な飛込み営業の定義は?

まず、誤解のないように言っておきますが、「楽な飛込み営業」と言っても、一軒一軒訪問することに変わりはありません。

ここでお話している「楽な飛込み営業」とは、簡単に契約が取れるもののことです。

 

簡単に契約が取れる商品、営業マンにとっては夢のような存在ですね。

 

では、どんなものなのか?

 

それは、商品(会社 or サービス)が超有名で、CMや雑誌等で紹介されていて認知度があり、需要があるものです。

導入の費用がかからないものであれば、なおさら簡単に売れます。

 

こういった商材の場合は、恐ろしいくらいに簡単に契約が取れます。

 

どんな営業マンでも簡単に契約が取れる商品とは?

例えば、身近なところで言うと、電力自由化の電力会社の変更なんかもそうですね。

一時期に比べると落ち着いていますが、まだまだ契約変更している人も少ないので、他の飛び込み営業に比べると、楽な飛込み営業の部類に入ります。

 

飲食店に飛込み営業すれば、かなり高い確率で契約を取ることができます。

 

そんな簡単に契約変更してくれない」という声も聞こえてきそうですが、それには理由があります。

①あなたが飲食店のオーナーに気に入ってもらえていないので、信用がない

②メリットのある提案ができていない(安くなります、とだけしか提案できていない)

③そもそも取り扱っているサービス(新電力会社)が悪い

 

他にも理由はありますが、大きなポイントは上記3点です。

 

飲食店のオーナーさんで、毎月の光熱費が安くなって怒る人はいませんので、上記3点が満たされていれば、契約変更をしない理由が見つかりません。

 

工事もなく(メーター交換がない場合)、初期費用もかからずに、毎月の電気代が安くなるわけですからね。

 

電力会社の変更以外にも、毎月の料金が安くなる提案の商材は、他の飛び込み営業に比べると、楽な部類に入ります。

 売りやすい商品は他社営業マンの参入も多い

簡単に楽に契約が取れるものには、デメリットもあります。

 

それは、競争相手がかなり多くなることです。

 

簡単に契約が取れるわけですから、当然かなりの数の他社営業マンも訪問します。

 

サービスが始まって最初のうちは、正直誰でも契約が取れる市場ですので、たいした営業力も必要ありません。

なにせ、初めて話を聞くお客さんが多いわけですので。

 

ただ、3ヶ月・半年・1年と経過すると、初めの頃のように簡単に契約を取るのが難しくなってきます。

 

ここで取る選択肢は2つです。

①他の商品やサービスで、簡単に誰でも契約が取れるものを探す

②市場が飽和してきても、関係なく契約が取れるくらい営業力を上げる

 

①と②、どちらが正しい・間違っているというのはありません。

それぞれ、考え方が違いますので。

 

ただ、①の場合は組織に属している場合、個人の力ではどうすることも出来ないことがほとんどです。

あと、そう簡単に、楽に契約が取れる商品やサービスというのは見つかりません。

 

②の場合は、商品やサービス、どれだけライバルがいようとも関係ありません。

ただ、そのレベルに到達するまでには、かなりの努力が必要になるので、途中で諦めてしまう人がほとんどです。

スポンサーリンク

 楽な営業を維持しつづける為に必要なこととは?

どうするのがベストなのか?

 

飛込み営業を楽にして、営業マンが売りやすい仕組みにするためには、会社や組織は常にアンテナを張っておく必要があります。

今、話題になっていること、これから流行りそうなことに対して、どんな商品やサービスであれば、顧客の需要とマッチするのか?を考えておかないといけません。

 

個人レベルでいうと、他の営業マンとは違う提案方法、他の会社や営業マンが狙っていない(思いついていない)ターゲットに向けて営業をすることです。

他の営業マンが回っていないターゲットで、なおかつ需要があれば、あなたの一人勝ちですからね。

 楽な飛込み営業は誰でも結果が出る!売れやすい商品を見つける為の方法!まとめ

商品(会社)が超有名で、CMや雑誌等で紹介されていて認知度があり、需要があるものであれば、契約を簡単に取ることができます。

つまり、営業マンにとって、これほど楽な営業はありません。

 

ただ、デメリットもあり、市場が飽和しやすいことと、ライバルの存在がかなり多いことです。

 

これを回避するためには、常に新しい商品やサービスを探しつづけることと、営業力を上げる努力が必要です。

 

あとは、他の競争相手がいないブルーオーシャンを見つけられるかどうかですね。

 

飛込み営業に役立つ!

飛込み営業は難しくない!結果が出ないのは正しいやり方とコツを知らないだけ!

スポンサーリンク

-飛び込み営業
-

Copyright© 仕事のツボ , 2018 All Rights Reserved.